イタチやネズミの駆除にかかる費用を考えていい方法を探そう

メンズ
  1. ホーム
  2. 人に害のある蜂

人に害のある蜂

蜂

素人は手を出さない

大きな蜂の巣の巣が人家のそばにできると非常に厄介です。特に危険なのがスズメバチの存在ですが、その他のハチにも注意が必要です。スズメバチほど攻撃的ではありませんが、アシナガバチも危険な種類の一つです。アシナガバチの巣を見つけたら、すぐに駆除業者に連絡することが重要です。普段攻撃的でなくても、季節によって狂暴になることもあります。蜂の巣に殺虫剤をかけると、噴霧から逃れた個体に襲われることが屡あります。下手に駆除を行うことは怪我の原因となります。蜂の巣の中にいるハチの個体は数千匹とも言われています。人一人が家庭用の殺虫剤で駆除できるレベルではないのです。蜂の巣の駆除はプロに任せた方が賢明と言えます。

攻撃性が出る季節

アシナガバチは、普段はそれほど攻撃性が強くはありません。最初に巣作りをする段階では女王蜂だけが働いているので、近づく存在を攻撃することはありません。しかし、繁殖期を迎えて、働き蜂が羽化すると、途端に人を攻撃するようになります。繁殖期は、8月から10月までと言われています。働き蜂が狂暴なのは、巣の中の幼虫を守る習性から来ています。この時期には、蜂の巣に近づかないことが大事です。巣の周りで動くものに、ハチは敏感に反応します。ただ見ているだけの行為も危険なのです。蜂の巣が作られている危険性がある藪には立ち入らないことです。ハチの被害が自治体などで報告されたら、子供たちには注意を呼びかけることが必須です。